お墓と納骨堂のどちらを選ぶかが、その後の管理や費用に大きく影響

魅力とは

lot invitation

現在注目ざれている納骨堂ですが、どんどんと利用者が増えてきています。利用者が増えている理由は魅力があるからです。では、納骨堂にはどういった魅力があるのかいくつか紹介します。

タイプ

many red flowers

一口に納骨堂と言っても様々な種類があります。それぞれお家族で求めるものは違いますし、予算も違ってくると思いますので、どのような種類があるのか知った上で最も適した納骨堂を選びましょう。

the tomb, light and flower

納骨する

woman holding rosary

葬儀や法事なども行うことができますよ!納骨堂を利用したいと考えているならこのサイトをチェックしましょう!

日本では人が亡くなった場合に、遺体を火葬し骨になった状態のものを骨壷へ入れてお墓へ納めることが一般的となっています。しかし、最近ではお墓へ納骨するだけではなく、納骨堂へ納めるという選択肢も存在します。
お墓へ納骨するケースと比べれば、まだまだ利用者は少ないものの、近年では納骨堂の利便性や費用面から納骨堂を選択する人が増えてきました。今までは何十年、何百年前から続いているお墓を長男が守らなければなりませんでした。そして長男の子供が生まれると、今度はその子供が墓を守るという流れが続いてきたのです。以前まではそれが当たり前となっていましたので、面倒に感じる人も少なかったのですが、時代の変化と共に新しい形に変化したのです。その背景には、結婚をせずに一人で障害を過ごす人も増えたことからお墓が守れなくなってきているということが挙げられます。現在増えつつある納骨堂というスタイルは、お寺や一般的な建物の中へ骨壷を納めます。そうすることで、大きく費用を抑えることができ、後継ぎの心配は不要、メンテナンスの必要もないという利点があります。
現在の老人は、納骨堂に納める考えは受け入れられないという人も多いですが、これからはお墓よりも納骨堂へ納める人が増え、一般的になってくることでしょう。
全国に納骨堂がありますので、気になっているという場合には一度痴合わせをしてみて資料を請求すると良いでしょう。きっとあなたたちにピッタリな納骨堂が見つかります。

選ぶなら

many tombstones

納骨堂は骨を納めたらそれでおしまいというわけではありません。これからも長い付き合いとなりますので、慎重に選ぶようにしましょう。選ぶポイントは大きく4つありますのでしっかり抑えておきましょう。